集客・販売のためのWebページやLINE公式アカウント構築

業務内容 - i-Tie-Design

集客・販売の仕組みづくりのアドバイスと運用サポート

IT × マーケティングで岡山の「売れる」DXを推進
  • 差別化できて選ばれるコンセプト設計
  • セールスキャンペーンの企画と運営
  • 御社に合ったDX化・業務プロセス改善
  • 検索結果の上位に表示されるSEO・MEO(Googleマップ)対策
  • LP(販売専用のWebページ)制作
  • 顧客対応の自動化+ファン化できるLINE公式アカウント構築
  • チラシ・名刺等の制作

DX・システム導入と運用のサポート

  • システム運用マニュアル制作サポート
  • セールス・プレゼン用資料の制作
  • IT企業とのミーティング同席
  • ホームページの保守・運用
  • LP(販売用Webページ)の改善
  • LINE公式アカウントの保守・運用
  • TikTok等、SNS運用サポート

ChatGPT等AIツール等のセミナー開催

  • ツールを使いこなすための社内研修
  • ChatGPT・Canva、Googleのツール等の勉強会
  • オンラインセミナーのIT技術サポート

いきなり集客・販売していませんか?


あなたが集客・販売面でよりよくなるために、何をどのようにすればよいか見えていますか?

「集客」・「販売」する前に、するべきことがあります。

まず、会社や商品・サービスのコンセプトから見直してみてください。ライバルとの差別化ができる「ポジショニング」を行い、コンセプトを設計してから、読者の感情を動かす「セールスコピーライティング」を行う必要があります。

どのようにコンセプトを見直せばよいか?「ポジショニング」とは何か?感情を動かすライティングとは?
もし、どのようにすればよいかがわからず、お手伝いが必要なようでしたら、ご遠慮なく お問い合わせフォーム >>からご連絡ください。

ご注意を!見た目第一のホームページでは伝わりません

見た目がよいホームページ・LP・チラシ・名刺なら、集客でき、販売できるでしょうか?

いいえ。お申し込みの最後の決め手は、納得感…「言葉」です。

なぜ、あなたのサービスでなければならないか?

お客様はあなたのサービスで、どんな結果を手に入れられるのか?

なぜ、今申し込まなければならないのか?

これらの点でピンとこなければ、なかなかお申し込みには至らないのです。

お申し込みが入る言葉には「売れる」理由があります

目的に応じて「伝えるべき内容」と「伝える順番」、言葉の選び方、人間の認知心理を踏まえた情報分類。
読者の感情の動きを踏まえて、伝える内容と順番を設計し、届けたいお客様に合わせた表現や手段で発信する必要があります。

プロのライターだけが知っているセールスコピーライティングを取り入れてみませんか?

アドバイスを差し上げてから1か月でそれまでの30倍の方から申し込みがあった例や、
セールス・プレゼン資料へのアドバイスで成約率ゼロから売上7桁が連続するようになったお客様もいらっしゃいます。

これがあなたの現実になったら、いかがでしょうか?
あなたの場合、どのようにするのが一番近道かを知りたい場合は、お問い合わせフォーム >>からご連絡ください。

まずは無料でお話をおうかがいして、相性が合った場合のみ話を進めています。お互いのため、無理な売り込みをしませんので、ご遠慮なくご連絡ください。

これまでご縁をいただいたお客様からは、たとえば、次のようなお声をいただいております。

”いつも細やかな目配り、心配りありがとうございます。ほんま、助かってます。”

”安心してお任せ出来ます。ありがとうございます。これからもよろしくお願いします。”

これまでのお客様の事例については、強みと実績 >>をご確認ください。

どのように変化されたか一部をご紹介しています。

TOP